京都 金継ぎ 白金堂

割れたり欠けたりした器を美しくかつ実用的に復元するのが金継ぎの技法です。 接着・造形に欠かせないのが「漆」の存在です。漆は古来より塗料であり接着剤で、歴史的にも1000年以上前から安全性が証明されています。

金継ぎで復元するものの多くは食器ですので、漆に勝るものはないと思います。 その「漆」と「金粉・白金粉・銀粉」を使用し傷付いた部分の修復と新しい景色として価値を見いだすことを目的としています。

※(京都 金継ぎ 白金堂では、白金泥:プラチナ99.99%、純金泥:24K99.99%、純金消粉:22K、青金消粉:18K を使用しています)

↓ 各品目の写真をクリックしてください  修理前・修理後の写真がご覧になれます ↓  

金継ぎによる陶器の修理

丸皿・角皿向付小鉢・中鉢
急須・土瓶徳利・盃手付鉢・三つ足
湯呑・カップ蓋物大鉢・大皿
花器・置物ガラスバラバラになった器

コンテンツ

白金堂ブログ
陶磁器の修理

最近の記事

春三昧
その昔、母親が植えた花々が咲き始めています。一心不乱に咲く花を眺めておりますと、その美しさ、潔さに…
辰砂マグカップ
鮮やかな赤い色が映える辰砂釉のマグカップです。把手部分から本体にかけて破損しています。通常、純金丸…
蝋梅
先日、自宅と仕事場の生き帰りに、何かいい匂い!深く甘い香りがするなぁ~と思っておりました。ふと立ち…
近藤濶造 柿釉の盃
近藤濶(ひろし)造 柿釉の盃です。染付の作品を多く残されておられる印象がございましたが、今回ご紹介…
年末年始休業期間のお知らせ
謹啓 師走の候 皆様方におかれましては 益々ご清祥のことと心よりお喜び申し上げます。平素は格別のお…