京都 金継ぎ 白金堂

割れたり欠けたりした器を美しくかつ実用的に復元するのが金継ぎの技法です。 接着・造形に欠かせないのが「漆」の存在です。漆は古来より塗料であり接着剤で、歴史的にも1000年以上前から安全性が証明されています。

金継ぎで復元するものの多くは食器ですので、漆に勝るものはないと思います。 その「漆」と「金粉・白金粉・銀粉」を使用し傷付いた部分の修復と新しい景色として価値を見いだすことを目的としています。

※(京都 金継ぎ 白金堂では、白金泥:プラチナ99.99%、純金泥:24K99.99%、純金消粉:22K、青金消粉:18K を使用しています)

↓ 各品目の写真をクリックしてください  修理前・修理後の写真がご覧になれます ↓  

金継ぎによる陶器の修理

丸皿・角皿向付小鉢・中鉢
急須・土瓶徳利・盃手付鉢・三つ足
湯呑・カップ蓋物大鉢・大皿
花器・置物ガラスバラバラになった器

コンテンツ

白金堂ブログ
陶磁器の修理

最近の記事

第112回 京料理展示大会
毎年、商社ブースで参加させていただいております  「京料理展示大会」 が12月13日(水)・14日(…
青均窯瓶
高さが尺一寸(約33cm)の大きな瓶です。水も3リットル近く入ります。部分的に破片が無い箇所も多く、…
Baccarat バカラ キャットアクロバット
先般ご依頼を戴きました バカラ のネコの置物です。ロシアンブルーを彷彿させるようなしなやかな造形が大…
柿右衛門窯 色絵宝瓶(蓋)
真白い生地が美しい 柿右衛門窯 の色絵宝瓶の蓋です。真二つに割れています。漆でズレないように慎重に接…
出西ブルー
島根県の出雲市にある 「出西窯」(しゅっさいがま) で作陶された花器です。美しく吸い込まれるようなブ…