田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

2011年8月アーカイブ

 琵琶湖から流れ出る瀬田川に架かる橋です。かつて東から京都へ行くためには、矢橋

(やばせ・草津市)の港から大津へ行く船にのるか、瀬田の唐橋を渡る二つの方法があり

ました。船の方が早いのですが、比叡山から吹き下ろす強風により、船が出なかったり、

沈没したりするなどトラブルが起こる可能性が高かったようです。

瀬田の唐橋を渡った方が遠回りでも着実なことから、室町時代の連歌師・宗長が

『武士(もののふ)のやはせのふねははやくともいそかはまはれせたのなかはし』と詠み

その一部がことわざとして広まりました。

 

『白鷺』.jpg                           『白鷺』

蓮の寺

 近くにある法金剛院で蓮の花を見てまいりました。このお寺は別名 「蓮の寺」 とも云われ、世界中の蓮を苑池や鉢に植えておられることでも有名です。 

 020H.JPG

 

005.JPG 

007.JPG

 

004.JPG 紅色・淡紅色・白色と色とりどりの多弁の美しい花で埋め尽くされた苑池は、盛夏の中でもすがすがしさを感じさせてくれるものでした。

春に桜を見にまいった折は、苑池には何もなく鯉やメダカが泳いでいるだけでしたが、今の季節は池が一面、蓮の葉・花で覆い尽くされており、大変迫力があり荘厳な美しさが広がっていました。

お見積り