田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

2015年9月アーカイブ

祥瑞捻子文湯呑

呉須で緻密な吉祥文様を外側一面・内側縁部分・見込みまで描かれた美しい湯呑です。ご依頼時、大小の破片あわせて10分割ほどに割れた状態でした。

湯呑や急須等、お茶やお湯を入れる器は、接着時にズレが生じますと漏れの発生につながりますので慎重に作業をすすめます。欠け埋め~中塗りを繰り返し、漏れが無いかチェックした後、蒔絵を施します。祥瑞+金継ぎで、また新たな意匠になりました。

 

s012 2015.7.10.jpg

「修理前」

s001 2015.9.28.jpg

『修理後』

s002 2015.9.28.jpg

s003 2015.9.28.jpg

s004 2015.9.28.jpg

s005 2015.9.28.jpg

s006 2015.9.28.jpg

s008 2015.9.28.jpg

s009 2015.9.28.jpg

お見積り