田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

2015年10月アーカイブ

白薩摩蜻蛉ティーカップ

十五代 沈壽官 白薩摩蜻蛉ティーカップです。蜻蛉の羽根と胴体部分が、把手になった大変凝った意匠のティーカップです。

依頼品は、その把手部分がボディーから3分割に破損しています。このような破損は少なくないのですが、破片が多いほど接着が難しくなります。1つ1つの破片を正確に接着しませんとボディーと把手部分の接着時に必ずズレが生じてしまいます。破片の中には欠けている物もありタイトな作業になりましたが、上手く接着できました。

羽根と背中部分に金彩が施されておりましたので、違和感なく良い感じになりました。

 

s001 2015.8.25.jpg

「修理前」

s009 2015.10.31.jpg

『修理後』

s010 2015.10.31.jpg

 

s012 2015.10.31.jpg 

s013 2015.10.31.jpg

 

s014 2015.10.31.jpg

  

お見積り