田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

2016年2月アーカイブ

柿釉コーヒーカップ

鉄色が美しい柿釉のコーヒーカップです。半磁器のボディが6分割に破損しています。

お茶やコーヒー等に使用する器は、破片を漆で接着する際、少しでもズレがありますと漏れにつながりますので、集中力が必要です。上手く接着ができても水では漏れなくて熱湯を注ぐと漏れが発生することが少なくありませんので、接着後の中塗りも慎重に繰り返し行います。確実に漏れの発生が無いことを確認後、蒔絵の工程に掛かります。消金の仕上げは伊勢早漆で金固めを数回施し修理完了となります。

柿釉の色調と金の色調がマッチし良い感じに仕上げることが出来ました。

 

P1050443.JPG

「修理前」

s001 2016.1.16.jpg

『修理後』

s002 2016.1.16.jpg

 

s003 2016.1.16.jpg

 

s004 2016.1.16.jpg

 

s005 2016.1.16.jpg

 

s006 2016.1.16.jpg

 

s007 2016.1.16.jpg

『内側』

s008 2016.1.16.jpg

 『底部分』

s009 2016.1.16.jpg

 

s010 2016.1.16.jpg

 『純金消粉仕様』

お見積り