田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

2016年8月アーカイブ

李朝塩笥茶碗 (李朝時代中期)

塩笥(しおじ)茶碗とは、文字のとおり元々塩を入れる器であったと伝えられています。

胴部分が膨らみ口部分が窄まった形が特徴的です。

後に、日本ではその形状から暖かいお茶が冷めにくいとの理由で、冬期の茶碗として見立てられたようです。

依頼品は、大小の破片に細かく破損しています。漆でズレの無いよう接着の上、仕上げは、純金丸粉24K(金99,99%)で蒔絵を施しました。

生地の色調に純金丸粉がよくマッチし、渋く良い感じに仕上がりました。

 

 s009 2016.3.21.jpg

「修理前」

s001 2016.8.1.jpg

『修理後』

s002 2016.8.1.jpg

 

s003 2016.8.1.jpg

 

s004 2016.8.1.jpg

 

s005 2016.8.1.jpg

 

s006 2016.8.1.jpg

 

s007 2016.8.1.jpg

 

s008 2016.8.1.jpg

 

s009 2016.8.1.jpg

 

s010 2016.8.1.jpg

 

s011 2016.8.1.jpg

『純金丸粉 24K(金99,99%)使用』

夏期休業のお知らせ

拝啓 猛暑の候 皆様方におかれましては 益々ご清祥のことと 心より

お慶び申し上げます。

平素は格別のお引き立てを賜り、有り難く厚く御礼申し上げます。

さて、洵に勝手ながら弊社では、8月13日(土)~8月16日(火)までを

夏期休業とさせていただきます。

なお、休業期間中のお問い合わせフォームにつきましてのご返事は

8月17日(水)以降になります。

今後とも何卒お引き立て賜りますよう

心よりお願い申し上げます。

                                           敬具

 

『朝顔』.jpg 

お見積り