田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

青備前茶碗


普段は、備前焼と聞けば、赤茶褐色の焼き物をイメージしますが、窯の中で焼成中に灰を沢山被ったり、エアポケット的に酸素が行き届かない場所で焼かれたものは、還元状態(酸欠状態)となり、出来上がりが青灰色に発色することがあります。この様な色調に焼き上がったものを 「青備前」 と総称されています。
依頼品は、気の毒なほどバラバラに破損しており、破片が欠落している部分も数カ所ございました。難しい事例ではありましたが、気合いとガッツで修理させていただきました。
また、蒔絵部分が純金の緋襷のような景色となり、オンリーワンのクールなお茶碗に生まれ変わりました。


006 2016.9.24.JPG
「修理前」

s001 2017.1.9.jpg
「接着→欠け埋め→中塗り」

P1060379.jpg『純金丸粉24K(金99,99%)使用』

P1060380.jpg


P1060381.jpg


P1060382.jpg


P1060383.jpg


P1060384.jpg


P1060390.jpg

お見積り