田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

2017年9月アーカイブ

青均窯瓶

高さが尺一寸(約33cm)の大きな瓶です。水も3リットル近く入ります。部分的に破片が無い箇所も多く、大きく破損していましたので大変難しい事例でした。
このような大きな瓶・花器に水を入れて実用使用しますと、内側にかなりの水圧が掛かります。ズレなく慎重に接着し、欠け埋め・中塗りを何度も繰り返し、確実に漏れを止めて行きます。その後、テストを数日間行い水漏れが無いことを確認した上で地描をきします。
その後今回は、純銀丸粉(大極上々銀)で蒔絵を施しました。深い青の色調に銀彩が落ち着いた印象となり、渋く良い感じになりました。

001 2017.1.18.jpg
「修理前」

P1060783 (2).jpg
『修理後』

P1060779 (2).jpg


P1060780 (2).jpg

P1060782 (2).jpg

P1060783 (2).jpg

P1060785 (2).jpg
『純銀丸粉(大極上々銀)使用』

お見積り