田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

2017年11月アーカイブ

ウエッジウッドティーカップ

真っ白な生地にブルーが映えるウエッジウッドのティーカップです。カップの修理は、把手部分が衝撃で本体から取れてしまうことが多いのですが、今回の依頼は、ボディごと把手部分が、割れとともに破損している珍しい割れ方でした。
漆でズレなく接着後、中塗りを数回繰り返し上絵と同様の色調の純金消粉で蒔絵を施しました。金彩とブルーの上絵にマットな消金が落ち着いた印象となり、ええ感じに仕上がりました。

P1060551.jpg
「修理前」

P1060957.jpg
『修理後』

P1060958.jpg

P1060960.jpg

P1060961.jpg

P1060964.jpg
『純金消粉使用』

月別 アーカイブ

お見積り