田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

近藤濶造 柿釉の盃

近藤濶(ひろし)造 柿釉の盃です。染付の作品を多く残されておられる印象がございましたが、今回ご紹介させていただく器は、渋い色調の盃です。
全体の約半分が細かく破損しています。漆でズレなく慎重に接着・中塗りの後、純銀丸粉で蒔絵を施しました。純金とはまた違った落ち着いた趣となり、渋く良い感じになりました。

P1070541.jpg
「修理前」

P1070657.jpg
『修理後』

P1070661.jpg
『純銀丸粉:大極上々銀使用』

P1070662.jpg

月別 アーカイブ

お見積り