田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

2020年1月アーカイブ

人間国宝 中島 宏 造 ぐい吞

独自の青磁と造形美を追求された 中島 宏氏(佐賀県武雄市)の ぐい吞です。 青磁に薄く紅を纏った独特の色調で 「粉紅磁(瓷)」 と呼ばれています。
器は前回欠けの修理でお預かり致し、今回は割れの修理でご依頼を戴きました。
前回の部分も含め全て新たに、接着・欠け埋め・中塗り・地描きの工程を施し、純金丸粉24Kで蒔絵をして修理させて戴きました。貫入が美しい薄紅梅の色調と純金の線が相まって、新春から一杯やるのにもってこいのぐい吞となりました。


P1080012.jpg
「修理前」

P1080136.jpg
『修理後』

P1080139.jpg

P1080140.jpg

P1080141.jpg

P1080142.jpg

P1080143.jpg
『金継ぎ:純金丸粉24K(金99,99%)仕上げ』

 

月別 アーカイブ

お見積り