田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

紅彩梅文様花瓶

口径が尺(約30cm)高さが尺5(約45cm)近い大きな花瓶です。口縁部分が大きく破損しています。其々の破片を慎重に接着し元の形へ戻していきます。大きく重たい上、破片の線が複雑に交差しておりますので難しい事例でしたが、何とか中塗り地描きの上、蒔絵を施しました。
蒔絵部分が呉須の枝と同期して、紅彩の生地が純金の線をより引き立てる形となり美しくオンリーワンの花瓶になりました。


P1080224_edited-1.jpg
「修理前」

P1080227_edited-1.jpg

P1080351.jpg
P1080346.jpg
  『修理後』

P1080348.jpg
『純金丸粉24K(金99,99%)仕上げ』

P1080350_edited-1.jpg
『make a fresh start in life ! 』

月別 アーカイブ

お見積り