田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

〖銀継ぎ〗徳利・汲出・小鉢

純金で仕上げる 【金継ぎ】 のご依頼を多く戴きますが、夏季に使用する器は、純銀仕上げの 〖銀継ぎ〗 もおすすめです。
季節的にお料理のお席では、縁金のバカラや切子のガラス器が使われることが多いので、涼しさや色調的なバランスの面でも良いかと思います。
古染付や芙蓉手などの呉須が基調の器、特に鼠志野や絵唐津などグレー系の渋めの器には、純金よりも純銀がフィットすることが多いです。

P1080465.jpg

P1080471.jpg『絵高麗徳利』

P1080473.jpg
P1080474.jpg『交趾笹文様汲出』

P1080475.jpg
P1080478.jpg『青釉水玉文様小鉢』

月別 アーカイブ

お見積り