田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

紫砂宜興壺

最近、宜興壺の修理を多く頂戴します。下の写真は、先般ご依頼を戴きました紫砂宜興壺です。丸型のものが多いのですが、今回は本体と蓋共々角型で、蓋の角に欠けがあり、本体は注ぎ口が根元から外れていました。
其々を漆で接着・欠け埋めをし純金丸粉24Kで蒔絵を施しました。元々の接着面積が狭いので、タイトな作業となりましたが、良い感じに仕上がりました。

P1080499.jpg
「修理前」

P1080565.jpg
『修理後』

P1080567.jpg


P1080568.jpg


P1080569.jpg


P1080573.jpg

P1080576.jpg
【純金丸粉24K(金99,99%)仕上げ】

月別 アーカイブ

お見積り