田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

ロイヤルコペンハーゲンのポット【金継ぎ】

ロイヤルコペンハーゲン ハーフレースのコーヒーポットです。注ぎ口部分が、真ん中辺りから2つに折れて、本体側にヒビも入っています。


割れの場合は、本体や破片内に、欠けの場合は、欠けた部分から下()方向に破損と同時にヒビが入ることが多いので、見落としが無いよう注意が必要です。

また、ポットや急須、湯呑やティーカップ等、熱いものを入れる器は、少しのズレや隙間がありますと、モレの原因となりますので慎重に接着し中塗りをしっかり施します。

お湯を入れてモレれが無いかテストした後、問題なければ蒔絵の工程に進みます。今回のポットでの蒔絵(純金で加飾部分)は、呉須線の幅に揃えることで統一感が出て全体が締まります。

P1080719_edited-1.jpg
「修理前」

P1080868_edited-1.jpg
『修理後』

P1080871_edited-1.jpg


P1080872_edited-1.jpg


P1080873_edited-1.jpg

P1080874_edited-1.jpg
【純金丸粉24K(金99,99%)仕上げ】

月別 アーカイブ

お見積り