田中阿季羅が白金堂にまつわる様々な話をお届けします。

九谷赤絵細描小紋ぐい吞 【金継ぎ】

朱金彩の網目文様の中に、極細の線で青海波と紗綾形が満遍なく描かれた美しい九谷焼のぐい吞みです。縁部分が2片に割れて、同時にヒビが底付近まで入っていました。
繊細な線で文様が描かれておりますので、風合いを壊さぬよう網目の金線の細さに合わせて蒔絵を施しました。上絵と蒔絵部分が同期し違和感のない良い仕上がりになりました。


P1080897.jpg
「修理前」

P1080895.jpg

P1090079.jpg
『修理後』

P1090083.jpg


P1090082.jpg
 【純金丸粉24K(金99,99%)仕上げ】

月別 アーカイブ

お見積り