BLOG

白金堂ブログ

修理事例

アスティエ・ド・ヴィラッド 【金継ぎ】

カスタムオーダーペイントが施された アスティエ・ド・ヴィラットのシンプルマグカップです。把手部分が破損しています。こちらのカップは、破断面に欠けが無く接着面積が十分ありましたので修理をお受けいたしました。実用的に強度を持たせるため、上下の接続部分に不織布を巻き、漆で固めた上、純金丸粉24Kで蒔絵を施しました。赤いハートのデザインと金継ぎ部分が調和し良い感じになりました。
把手部分の修理は、簡単なようで難しく、破損状況によっては実用的に修理することが難しいケースもあります。

P1090243.jpg

「修理前」

P1090423.jpg

『修理後』

P1090424.jpg
P1090425.jpg
P1090426.jpg
P1090427.jpg
P1090428.jpg

【純金丸粉24K(金99,99%)仕上げ】