BLOG

白金堂ブログ

修理事例

マイセン コーヒーカップ(インドの華)【金継ぎ】

真白な白磁の生地に、金彩・緑彩の上絵が美しいマイセンのコーヒーカップです。縁部分に欠けがありその部分から底方向にヒビが入っています。ティーカップやマグカップはこのような破損が比較的多くみられます。

先ずヒビ部分に生漆を浸み込ませて確実にヒビを埋めていきます。熱い飲み物を入れる器は、特に注意深く作業致します。次に欠けた部分を錆漆で元の形まで戻していきます。縁金部分を傷つけないように慎重に整形していきます。その後、研ぎと中塗りを数回繰り返した後、熱いお湯を入れて漏れが無いかテストをします。

漏れが無いことを確認してから弁柄漆で地描きの上、蒔絵を施します。

縁や縁の内側・把手部分が金彩でしたので、蒔絵部分も違和感なく自然な感じになりました。

「修理前」


『修理後』


『内側』


【純金丸粉24K(金99,99%)仕上げ】