BLOG

白金堂ブログ

修理事例

リサ・ラーソンのアザラシ

スウェーデンを代表する陶芸家 リサ・ラーソン の アザラシです。ご依頼時、それはもう本当に可哀想な姿で届きました。
ボディーが、定窯釉のような象牙質の白磁でしたので、青金泥18K(グリーンゴールド/金75%・銀25%)をご提案いたし、蒔絵を施しました。
色調も落ち着いた感じとなり、違和感なく仕上がりました。

2018 04 16_0773.jpg

『修理後』

2018 04 16_0775.jpg
2018 04 16_0776.jpg
2018 04 16_0777.jpg
2018 04 16_0778.jpg

≪青金泥18K(金75%・銀25%)使用≫